一度は所有してみたい!別荘購入にまつわる基本知識や情報をご紹介いたします!

このサイトでは、一度は手に入れたい別荘についてご紹介をしていきます。
日本全国では昨今、セカンドハウスを手になさる方が増加傾向にあります。
1980年代のバブル軽罪期には長野や静岡でも数多くの物件が販売をされ、即完売となったものです。
今でも新たに物件を買い求めたいという方が多いですが、その購入にまつわる基礎知識や情報を見ていくことにしましょう。
はじめての所有の手引きになる情報もあるので参考にして頂ければ幸いです。

一度は所有してみたい!別荘購入にまつわる基本知識や情報をご紹介いたします!

別荘を新しく購入するとき、インフラが整備をされているのかをしっかりと確認をしなくてはいけません。
とくに生活には必要不可欠な水道・電気においては、ご自身で整備をすると非常に高額な費用を必要とするものです。
別荘は基本的には人里はなれた郊外に点在をするため、自治体ではまだ敷設をされていない一帯も多いものでしょう。
購入をするときは、まず所有をしている会社や個人に対して水道などのインフラの確認をすることが大切です。

富裕層のステイタスシンボル!別荘購入にかかる費用やランニングコストをご紹介します!

サラリーマン生活を長く続けていると、その生活に疑問を感じるようになってきます。
このままロボットのように働くだけ働いて、使い捨てのゴミのように捨てられてしまうのだろうかと思うとこのままでいいのかと考えてしまうのは当然です。
もしある程度預貯金があるのであれば、別荘ライフやセカンドハウスを検討してみるのも良いでしょう。
かつては富裕層のステイタスシンボルでしたが、山間部では比較的安い物件も多く販売されるようになってます。
別荘購入には、土地建物の費用や建築費やデザイン料がかかります。
設計士に払うコストも想定する必要があるんです。
そして忘れがちなのがランニングコストです。
水道光熱費はもちろんのこと、火災保険や地震保険、温泉使用料に更新料、保証料やネット環境費用なども発生します。
ほかには住民税や固定資産税の税金の支払いも想定しなければなりません。
サラリーマンであると本宅の他こうした別荘を所有するのは、それなりのコストがかかって大変です。
リモートワークが許されるなら都心の本宅を売却し、完全に移住してしまうのも一つです。

別荘購入にかかる費用その①物件購入費用

伊豆箱根に別荘を購入した場合には、色々と考えることがあります。
まずそもそもどのようにして購入したから問題になるところです。
いわゆる、物件購入費用がどれぐらいかかったかを調べておかないといけません。
これがわからなければ、住宅ローンを組むことすらできないわけです。
まず物件購入費用に関しては様々なものがありますが、建物は一般的に10,000,000円から20,000,000円位になります。
一戸建て住宅より小さい別荘が多いことを考えれば、普通の一戸建て住宅よりも費用がかからない事は間違いありません。
ただ例外的に、普通の戸建て住宅よりもお金が大きくなるケースがないわけではないです。
具体的にどのようなケースが考えられるかと言えば、狭い建物がこれに該当します。
狭い建物の場合だと設計が難しく、強引に水回り等を詰め込まなければいけないため費用が高くなりがちです。
無理をして狭いところに建築するのではなくある程度広めの土地を用意しておくことが大事になります。

別荘購入にかかる費用その②施工や設計にデザイン費用

別荘は今とても人気がありますし、経済的に余裕が少しでもあるようでしたら検討してみる価値が有ります。
郊外の避暑地などで夏を過ごしたりすれば気分転換になりますし、勿論それ以外の季節でも都市部に住んでいる方にとってはとてもメリットがあります。
あくまでも別荘は別宅という感じで利用することになりますが、中古での購入であったり分譲ではない限りはデザインや施工設計なども料金がかかることになります。
お洒落というだけではなく、機能性も求めるのであれば設計もお金がかかってくる可能性があります。
今はデザイナーズのような感じの作りを希望される方もいますが、そういった物件ですと費用も高くなりがちです。
有名なデザイナーに依頼をすることになりますと、その分費用は掛かりますが満足度もその分高くなる傾向が在ります。
理想的なべっそすにするためには、最初の段階からどこに依頼をするのか、どういったデザインにするのか出費用も変わってきます。

別荘購入にかかる費用その③維持管理費用や管理委託料

別荘がほしいならば色々と知っておくべきことがあります。
その一つが維持管理費用です。
別荘というものはめったに利用するものではないですから、やはり維持管理の費用がけっこうかかってきます。
警備料だけでなく、腐食防止措置などもしてもらわないといけません。
別荘地によっては税金もかなりかかってくることもあり、固定資産税などの店でコストがかさむことも。
他にも、管理委託料なども見逃せません。
管理委託費は別荘地の清掃や水道利用料などが含まれています。
こういった以外にも僻地にあることも多いので除雪などもしてもらう必要性があります。
具体的な金額は年に5万円程度なものの、ほぼ無料な物件もあれば数十万かかることもあり、維持費用に大きく影響を与えます。
いずれにせよ、購入して終わりというわけには行きませんから、じっくりと見積もっておくと良いでしょう。
せっかく購入してもあまりにもランニングコストがかさんでしまって手放す羽目になるのは残念です。

著者:平岩幸枝

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
結婚を機に、別荘を購入。
購入時に学んだことをこのサイトに載せています。
富士山 別荘